眼精疲労の解消法

眼精疲労の症状

目が疲れるという経験は誰にでもあると思います。例えば細かい作業を長時間やったり、本を長時間読んだりした時などがそうだと思います。これらの疲れは殆どが休息をとることで回復するでしょう。しかし、疲れが蓄積して休息をとっても癒されずに眼や体に様々な症状が出た場合には、眼精疲労ということになります。

眼精疲労を、その原因から分けると、調節性眼精疲労・筋性眼精疲労・症候性眼精疲労・神経性眼精疲労・不等像性眼精疲労の5つに分けられます。その中でも、我々にとって一番身近なOA機器などによる眼精疲労は、神経性疲労が主な原因と考えられています。

眼精疲労は目の病気の中でも結膜炎などのように、明らかに目に見える異常がある訳ではありませんが、眼の機能が衰えて物が見えにくくなったり、充血したりという症状が出ます。また目だけでななく、頭痛、偏頭痛、肩こり、中には吐き気などを伴う場合もあります。

パソコンを長時間使用すると、なぜ疲れ目が起こるかと言えば、まばたきの回数が少なくなること。正面を凝視するため眼が乾きやすいために不快感を感じやすくなるからです。意識して目を休める、点眼薬を使いましょう。このような状態を続けて行くと、肩こりや片頭痛を伴うようになり、眼精疲労に移行します。

パソコンを使う人は、眼精疲労にならないように、ちょっと画面を調節してみませんか。画面位置が高いと目線が上向きになりがちになり、目を大きく開くためドライアイになりやすいのです。このような姿勢では首筋にも負担が掛かります。画面の高さは高すぎても低すぎても負担が掛かりますから、正しく調節しましょう。また、画面の明るさやコントラストの調節も行いましょうね。

眼精疲労は放っておいて治るものではありません。不快な症状がいつまでも続くだけでなく、さらに悪化していくことも考えられます。また、眼精疲労の背後に病気が隠れている場合もありますので、辛さを感じたならな眼科医の受診をお勧めします。

疲れを感じた時用のサプリメントが人気です。最近どうも疲れが取れないという人は、疲れに効く成分が配合されたサプリメントや栄養剤を飲むことで、疲労を解消することができます。特に疲れに効果のあるサプリメントは実に数多く出回っていて、良い商品を選ぶのも一苦労です。

栄養ドリンクとして店舗でよく見かけるロングセラー商品にリポビタンDやアリナミンVがあります。タウリンが用いられていることが特徴的です。ドリンクに配合されているタウリンやカフェインは元気が出て疲れをとる効果が高い栄養素といわれています。

自然界に存在している食材としては、タウリンが多いものはイカやタコです。事前の準備などをせずとも簡単に成分の補給ができることが、サプリメントの良いところでしょう。

体を動かした後疲れるのは、疲労物質である乳酸が体に溜まっているためです。クエン酸は乳酸を減らす効果があるため、クエン酸サプリメントが疲れに効果的です。体内の疲労を取り除く栄養成分としては、ビタミンB6やビタミンB12などが代表的なものです。ドラッグストアなどで医薬品としても販売しています。自分の疲れがどのようなものか、どんな成分が効果があるかを考えながら、疲労回復効果のあるサプリメントを選ぶのもいい方法です。

疲労により、肩こりや眼精疲労が引き起こされると、それに伴って視力が低下することもあります。そこで注目されているのが、レーシックです。レーシック手術の効果は、術後すぐ体感することができ、簡単な日帰り手術で、メガネやコンタクトの生活から解放されるのです。

【 協力:レーシックライン